スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同性パートナー条例 グッドデザイン賞受賞騒動がここまで炎上する理由

どうも、英司です。久々のブログ更新になってしまいましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。今年は残暑も少なく、早々に過ごしやすくなりましたね。僕は楽しかった夏が終わってしまいちょっと寂しい気分ですが、秋も楽しんでいきたいと思います!


■渋谷区同性パートナー条例 グッドデザイン賞受賞に批判が殺到

4月に成立した渋谷区の同性パートナー条例。当事者の間でもかなり様々な議論があり、賛否がわかれていたこの条例ですが、施行を前に、グッドデザイン賞を受賞したというニュースが飛び込んできました。

一見、おめでたい話のように見えますが、これがひょんなことからLGBT当事者たちから批判の的になってしまいました。

事の発端はグッドデザイン賞の受賞ページが公開されたときから。

そこには、この条例の受賞に関係した人物や組織として下記のような記載がされていました。

受賞対象名:渋谷区同性パートナーシップ条例 [渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例]

事業主体名:カラフルステーション
分類:宣伝・広告・メディア・コンテンツ
受賞企業:カラフルステーション (東京都)
プロデューサー:渋谷区長 長谷部 健
ディレクター:東 小雪、増原 裕子、松中 権、杉山 文野
デザイナー:廣橋 正
利用開始:2015年10月
販売地域:日本国内向け
どこで購入できるか:渋谷区役所


僕も、これをひと目見ただけで、内容に違和感を覚えました。
渋谷区が施行主体であるはずの条例なのに、事業主体と受賞者が「渋谷区」ではなく「カラフルステーション」となっています。

プロデューサーが長谷部区長なのは100歩譲って理解できたとしても、この条例は渋谷区民からの付託を受けた渋谷区議会が作成したもので、受賞ページに記載されている方々がどのようにディレクション、デザインを行ったのかが不明瞭でした。

また、「カラフルステーション」という組織について調べましたが、ここはNPO法人グッド・エイジング・エールズと株式会社ニューキャンバスが共同で運営しているコミュニティスペースのようで、渋谷区政とは無関係の組織であり、そうした私的な組織が、公的な条例を使って同賞を受賞したことに、「条例の私物化ではないか」「渋谷区政が一部の任意団体と癒着をしているのではないか」という疑惑を持たれ、多数の批判の声が起きたという顛末です。

その後、カラフルステーションを主宰する杉山文野氏と、グッド・エイジング・エールズの松中権氏から以下のような声明が発表されました。

http://goo.gl/4izsEm

また、グッドデザイン賞の受賞ページにも変更が加えられており、現在は渋谷区が受賞者とされ、当初名前が上がっていた組織や個人名はすべて削除されています。

※追記※ 同条例は10月9日付で同賞の受賞を辞退しました。

杉山氏、松中氏の誠実さが伝わる声明、および関係者の早急な対応は正しい判断だったと思いますし、一定の評価がされることかとは思いますが、それでも尚、この問題は尾を引いています。事態が思ったよりも早期に収拾しない理由について、僕の考察を交えながら整理してみたいと思います。

■当該の条例自体が賛否両論あり、論争が続くまま成立したものだった点

杉山氏の声明によると、渋谷区としてはグッドデザイン賞にかかる選考費用に税金を使用するのはふさわしいことではなく、渋谷区を応募者とした賞への参加はできない旨を渋谷区側は杉山氏側に伝達していたそうです。

これ自体、渋谷区は至極まっとうな判断を下したと思います。

ただ、問題はここからで、応募者を任意団体に変更してまでこの賞への応募を押し切った理由がイマイチ見えて来ません。

こうした「プロセスの不透明さ」は、条例案が唐突にぶち上がって成立に至るまでにも見られ、一連の騒動には既視感も覚えました。

当該の条例案が発表された際、実際にこの条例の対象となる同性愛者の間からも、「なぜ今、それもなぜ渋谷区が?」と、歓びの声よりも疑問の声の方が多く聞かれ、もっと先にLGBTの問題に取り組んでいた世田谷区や中野区でさえ時間をかけて慎重な議論を重ねていた同性パートナーシップについて、渋谷区の姿勢はやや唐突で稚拙な印象だと多くの同性愛者は感じていたものと思います。

成立を急ぐ一部の人々に対し、僕の周囲からも「自分たちがブランドイメージ戦略に勝手に使われている」「名前を貸したつもりもないのに、一部の人の商売道具に勝手に使われているようで不愉快」「そもそもこんな条例、必要がない。もっと優先して助けてあげないといけない人たちがいる」と言った、冷淡な意見が目立ちました。

こうしたコミュニティ内の様々な意見を押し切って成立を急いだ背景がある条例であるため、当該の条例が数ある条例の中でなぜ特別に評価され、賞までも受賞する価値があるものかに疑問を持つ人が多く、この一連の騒動が派手に炎上した原因の一つになっているものと思われます。

■渋谷区政および長谷部区長と一部の任意団体との癒着・談合が疑われている点

今回、当該条例の旗振り役になっていた長谷部区長は、区議会議員時代にはナイキパークの建設でも旗振り役をつとめ、その際もナイキパークがグッドデザイン賞を受賞しています。

つまり、杉山氏の説明によると、グッドデザイン賞はあくまでも「条例そのもの」が受賞するものと勘違いしていて、応募した人/団体が受賞者になることを「知らなかった」と説明していますが、長谷部区長側は過去にこの賞を利用したことがあるはずで、賞の仕組みを知っていたはずです。

にもかかわらず、カラフルステーションが「応募者」となり、「受賞者」になる可能性があることを知っていた上で、この条例を選考対象としたグッドデザイン賞への応募案に長谷部区長が「渋谷区として」同意書を書いたことになります。

つまりは、広く一般市民に利用してもらうはずの条例を利用し、区政とは無関係な一任意団体である「カラフルステーション」へグッドデザイン賞という賞が与えられるように便宜を図ったと見ることができ、これは区長が親しくする一部の任意団体に対し、明らかな利益誘導を行ったと見られても仕方ありません。

さらに、杉山氏の声明によれば、選考にかかった費用に関しては杉山氏が自費で支払い、金銭に関してはどこにも支払いを求めないとしています。

しかし、実はここが非常にまずいところ。

現在は受賞対象者が「渋谷区」となっていますが、その場合、その選考料は当然「渋谷区」が支払っていなければならないはずです。

渋谷区が受賞者となった賞の選考料を、区政とは無関係な一私人が支払ったということは、迂回献金などと一緒で一種の政治献金とみなされ、政治資金規正法に抵触する恐れもあります。

ただ、当初渋谷区はこの賞に公費を使用するのは「不適切」と判断したわけで、今になって支払うのでは話しの整合性が取れなくなり、役所としては苦慮していることでしょう。

こうした矛盾や整合性が取れない点が多数あるため、声明が発表されても「釈然としない」雰囲気が尾を引いているのではないかと思われます。


とにもかくにも、いろいろと鬱積したものが噴出してしまった、という表現がピッタリ来るような騒動だったと思います。

関係者には納得行く説明や対応を引き続きお願いしたいところですね。


他にも同性愛者の方が書いたノンアダルトブログはこちらから

↓「いいね!」と思った方は良ければクリックお願いします↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ  にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ


あとで読む

なんだかんだ言って新生渋谷区に期待!

どうも、英司です。ゴールデンウィークも近づいて参りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

僕は友人と北海道旅行へ行くことにしました。美味しい料理、雄大な自然、札幌のゲイカルチャーなどなど、とても楽しみです!

■統一地方選挙が終幕 渋谷区の新区長に同性パートナー条例の仕掛け役 長谷部健さん

ここのブログや連載を持たせていただいているDMMニュースでも、いろいろこの条例のあり方についてエラソーに注文をつけておりました私ですが(笑)、一連の記事で何度も言ってきたように僕は大筋でああいった条例には「賛成」の立場です。

小生の記事「渋谷区が同性婚容認…レインボーカラーでは塗りつぶせない本当の多様性」

そして一連の記事はどちらかと言えば同性愛者のコミュニティ内部の問題に終始していましたので、このように非当事者でありながらも同性愛者に理解ある方がきちんと市民から選ばれ、民主的なプロセスを踏んで区長に選出されたことは、素直に嬉しいことであります。

また、僕は勤める会社が渋谷区にありますし、場合によっては居住している杉並区よりも長い時間を過ごしている場所でもあります。例の同性パートナー条例のことはもちろん良いニュースではありますが、それ以外の点を見ても、長谷部さんを選んだ区民の皆さんは賢明な選択だったのではないかと、渋谷区で働く人間の一人としては感じている次第です。

■さすが元博報堂社員 「空気」を作って流れを変えた選挙

対抗馬は都議会自民党幹事長と、共産党を含む左派系野党の統一候補。
長谷部新区長にとっては、前区長からの後継指名があったとは言え、組織力や資金力の面では圧倒的に厳しい戦いになる選挙戦だったことは間違いありません。

しかも都知事選が冬に移ってしまってからは統一地方選挙はメディアも取り上げず、イマイチ盛り上がりに欠け、低投票率になることが予測されました。

低投票率になれば組織を持っている候補者に有利になるため、無党派層の取り込みが重要になってくる無所属の候補者にとってはまずは投票率を上げることから考えなければならない選挙だったと思います。

恐らくその戦略の一環として登場したのが例の、いわゆる同性パートナー条例だったのではないかと思います。

センセーショナルでインパクトがあり、尚且つ時流にも合っている争点を作り出すことで、渋谷区を今回の統一地方選挙の中でも全国的な注目選挙区にすることに成功し、「変化」に期待する無党派層の支持を集め、見事当選といった流れでしょう。

こうしたことに「同性愛者の人権が利用された!」と憤る声があることも理解していますし、気持ちもわかりますが、渋谷に会社がある身としてはこうした長谷部新区長の「賢さ」とか、今どきの企業PR戦略の成功事例を見事に取り入れている「市場感覚」「ビジネス感覚」みたいなものをしっかりお持ちの方だと見受けられ、総合的に考えて、安心して区政を任せられる人なのではないかと率直に感じました。

■渋谷区はこんなところ

東京以外の地域に在住の方には、渋谷区だの新宿区だの杉並区だのと言われてもようわからん!という声も聞こえそうですが、東京の23区にはそれぞれの区に独特の個性がありますし、住んでいたり働いていたりすると、よくその個性を感じます。

例えば…

DeNA、GMO、LINE、サイバーエージェント、レバレジーズ、DMM、コロプラ、mixi、エブリスタ…等々、これらの新興IT企業はすべて、ヒカリエやマークシティ、恵比寿ガーデンプレイスなどと言った渋谷区内の話題の場所に立派な本社オフィスを構えています。

渋谷区にはベンチャー企業向けの安くで借りられるおしゃれなシェアオフィスなども点在しており、上記の企業からの仕事を請け負っている開発会社も無数にあり、IT技術をインフラとした新しいサービスやコンテンツが日々生まれている土地柄でもあります。

これらの企業はどこも増収増益続きで、人材確保が至上命題になっているため、政府や行政が「女性活用」などと言うよりもずっと前から、育児休暇制度が取りやすい企業や、手厚い子育て支援の体制などを備えた企業なども多いです(うちの会社も働くママが大活躍しています)。

しかもこの手のITベンチャーなどは意思決定も早く小回りが利くため、本来行政がやるべきようなこともどんどん、「人材確保」のために自前でやっちゃう。

これが渋谷駅や恵比寿駅周辺で起きていること。

一方原宿駅や表参道駅近辺では、次々と新しいファッションなりスイーツなりが生み出されて、雑誌やテレビ、最近ではSNSを通して全国に(いや、アジア諸国に?)ブームを起こしている。

渋谷は「IT」と「ファッション」という、この世の中で恐らく最も展開が「速い」ジャンルの産業を2つも主力産業として抱えている区なんですね。しかもどちらも、今後の日本が主力産業に育てていくと宣言しているソフト産業ですから、実は今回の選挙は、日本の今後の経済戦略にも大きく関わってくる区長選でもあったのではないでしょうか。

ナイキパークのホームレス追い出しの問題や、伝統的家族観が崩壊するとの主張、LGBTの政治利用といった批判など、確かにいろいろな議論はありますが、世界に誇る日本の次世代産業を抱えた自治体の首長として、これくらいの一貫したPR戦略と市場感覚を持った策士ならば渋谷区という巨大な自治体をうまく導けるのではないかと、渋谷で働く1人としては感じるのでした。

連載等で申し上げてる通り、例のパートナー条例には、僕は特に何も期待していません。
働く人が元気に活躍できる渋谷区でいられることに期待します!


他にも同性愛者の方が書いたノンアダルトブログはこちらから

↓「いいね!」と思った方は良ければクリックお願いします↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ  にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ


あとで読む

就活生・新社会人の皆さんへ ―楽しい社会人の世界へようこそ!―

どうも、英司です。
ご無沙汰しております。

春ですね~。先日僕も仲の良い友人をたくさん呼んで、代々木公園でお花見をしました。
この花見が終わればBBQやキャンプ、海やプールなどなど…賑やかな季節が訪れます。

その賑やかな季節の訪れを告げる最初の行事が「お花見」だったりしますので、毎年ワクワクするイベントの一つです。
30代として迎える最初のシーズンはどんなものになるか、楽しみですね。


■社会人も9年目突入 いろいろ感じたこと

そんなわけで、僕の勤める会社にも、大学や大学院を卒業したばかりの新卒の皆さんが入社してきました。
それと同時に、先月から新大学4年生の就活がスタートということで、二丁目関係で仲良くしている年下の子などから相談を受けることも増えています。人材会社での仕事も長かったですからね。

まぁ、僕はお手本になるような大人ではないのですが(笑)、まかりなりにも22歳からスタートした社会人生活も丸8年が経過し、9年目に突入。駆け抜けるような20代を終えて、考えることや思うこともたくさんありました。

就活などの相談を受けたときは、そういうことの中から、現役の学生さんや新しく社会人になるお仲間さんに役立ちそうなことをかいつまんでお話ししているつもりでしたが、ブログの読者さんで若い方も多いみたいなので、今日はちょっとここにまとめてみたいと思います。


■学生時代勉強していて良かったこと

僕に関しては、高校は公立の普通科でしたし、大学は社会学部で、専攻は文化社会学や都市社会学で、そこまで実学的なことは学んでいません。ただ、広告やPRの業界・業種に就いてすごく思うのは、何であれ卒論は真面目に一生懸命やっておいた方が良いということです。

これは、就活の面接では勉学の話をした方がウケがいいからとかそういう理由でなく、社会に出てから使う能力という面でも、やっておいた方が良い、ということを言いたいです。



まず第一に、日記やブログと違い、学校というオフィシャルな場所にしっかり提出する文章を相当量自分の力で執筆するという行為は、単純に語彙力を飛躍的に向上させます。
もちろん、本をたくさん読めばそれなりの語彙力を身につけられますが、本や他人の文章で合点の行ったその単語を、起承転結のある文章の中に配置してその単語の本来的な意味を引き出して適正に表現できるようになるには、やはり自分で使ってみるしかないです。
自分で文章を書けば書くほど、どこかの本で呼んだだけだった単語や表現方法が、「血の通った自分の言葉」になって行く感覚がわかります。

なぜこうしたスキルが大事かと言えば、ほとんどの仕事は一人で完結させることができず、誰かと情報のやりとりをしながら進めるものだからです。僕が8年間社会人をやってきて思ったのは、その情報のやりとりの際に情報のロスを最小限にできる人が、非常に仕事のできる人だと感じたからです。

情報のロスの最小限化に最も効果的なのは、やはりそのときの報告や連絡や相談に必要な事項を、ニュアンスも含めていかに的確に伝達できるか、ということに尽きます。この時、高度な語彙力と表現能力を持っている人ほど、細かな部分までしっかりと他人に伝えることができますので、自分自身も周囲の人も滞りなく業務が進む、ということです。

社会人になってからでもこうしたスキルを習得する機会は多いですが、学生の時であれば、自分の好きなテーマや興味のあるテーマで、比較的時間も余裕がある中でこうした文章を書く練習ができます。興味のないものを期限を決められた中で書くことよりも数十倍、面白い作業ですし、熱中できる度合いも違いますから、学生時代に取り組むこうした勉強は、そこから習得できる言葉や意味の量も格段に高いと思います。

しかも、特に卒論指導に当っている教授などは大学の先生の中でもベテランクラスの人です。
毎年何十人もの学生の論文を添削している大人なので、「言葉」の意味のニュアンスやスタンス、正しい使い方に関してはスペシャリストと言っても良いでしょう。

社会人になってからこういうことを専門家から学ぼうと思うと、高い自腹を切らないといけないことが多いので、ぜひそうした大人が周りにいる今の環境のうちに、目一杯練習しておくことをオススメします。


また、第二には、卒論などに取り組むことで、情報検索能力が飛躍的に向上することです。これも、社会人になってから役立つ大事なスキルの一つです。

僕はこれまで、営業として社会人生活をスタートさせてから8年間で広報、経営企画、制作ディレクションなど様々な職種を経験してきましたが、今の時代どの職種も「情報戦」の側面が非常に強いです。

特に広報と兼任で経営企画室で新規事業の立ち上げなどをやっていた時は、法務や営業、宣伝、PR、総務など、全社的な業務をミニュチュア化したかのような感じで、とても忙しかったですし、その忙しさの中では「確実な情報"だけ"を取捨選択すること」がかなり重要になってきます。

例えば新しいサービスのローンチが近づき、契約書のひな形を作成するとき、顧客とのトラブル回避のためにさまざまなクレームや起きうる係争を想定しますが、そのシュミレーションをするための情報を探そうにも、ネット上にはYahoo知恵袋だの2chだの様々な場所に、根拠や出典が不明な情報が無数に存在しています。

実際にこうしたものの中には話を誇張したものや極端な例を一般的なことであるかのように書かれた文章も少なくなく、まともに検証するのは時間の無駄で、きちんとした出典があり、コンセンサスを取れている情報がどこに存在していて、そうした情報にはどのようにすればアクセスできるか、その方法を知っている/その方法を考えることができる、という能力は非常に大事なスキルです。

ネット上にも信頼できる情報はあります。信頼のおける発信元の情報であるかどうかなどを検証する基準を自分で築くことが大事で、卒論などの執筆の際にこれを徹底しておくと後々非常に役立つ能力になると思います。


■もっと勉強しておけばよかったこと

今度は学生のときにもっと勉強すれば良かったことについて。
これ、実家に帰ったときにまだ小さな子供がいる姉やうちの両親にも聞かれることがあります。

そのとき僕は決まって「数学」と答えます。

以前、会社でベトナム・ハノイのラボ立ち上げの際の販促物の作成やPRで、現地の担当者との英語でのやりとりに苦労した話を両親にしたことがあったので、英語や中国語という「外国語」という回答が来ると思っていたようなのです。

確かに、外国語はできるに越したことはありませんが、僕の場合は現地の方とはメールでのやりとりがほとんどで、メールの場合最近はExciteやGoogleなどの翻訳機能がかなり向上しているため、受験英語くらいができれば問題ありませんでした。(苦労したのは言語というよりは、日本とは違った時間感覚で動いていて、急ぎで決定すべき事項のレスが遅いとか、現地語パンフレットの校正が信用できないとかそういうことに関してです)

この翻訳の分野については今後よりテクノロジーの飛躍的な進化があると思います。両親の世代などは英語さえできれば一生食いっぱぐれがないと考えているようですが、今後は逆に「外国語"しか"できない人材」は人材市場では非常に危うい存在になることに、若い世代の方は留意しておいた方がいいかもしれません。(翻訳という"作業"そのものは今後、機械や出稼ぎに来ている外国人労働者と取り合いになる仕事であるため)

より普遍的に役立つ勉強は、やっぱり数学だと思います。

なぜなら、すべての論理的思考の基礎は、数学にあるからです。
より厳密に言うならば。、「数学的なものの考え方」にその基礎はあり、その基礎は、やはり数学を勉強することでしか身に付けることができないからです。

僕は私立の総合大学の文系学部に進んだので、受験教科は英語、国語(古典含む)の2教科が必修で、数学か理科か社会のいずれか1教科、1科目を選択する方式でした。

僕もその時は社会科の地理を選択しましたが、文系学部の人で、わざわざ数学を選ぶ人は少数派のようです。しかしながら、特に法律学や経済学、商学や社会学などの社会科学系の文系学部に行く人ほど、実はここで「数学」を選んでいればより厚みのあるものの考え方が出来る人になれるのではないかと感じています。

数学は、すべて=(イコール)の右と左で帳尻が合うようにできている世界です。
例えば方程式や関数で、Aという数字が1増えればBという数字が2.3になる、Bが2.3になれば、Cという数字が5.5になる、Cが5.5になれば、Dという数字が……と行った感じに、一つの物事に何かの事象が起きたときに、それがどの範囲までどのように影響を及ぼすか、理論的に説明が付く世界の勉強です。

もっと日常的な業務に置き換えると、例えば締切がある仕事をしていて、一部の仕事を外注、もしくは社内の他の人に頼んでいたとします。

しかし、何かの事情でその人がその仕事ができなくなった、もしくは作業が遅れてしまっている、ということになった場合、そこでその作業が遅れることで影響が及ぶ人、及ばない人を一瞬で整理し、影響が及ぶ人にはどの程度の影響が及ぶか、後工程のどの部分で当初予定よりもどれだけ時間を短縮しないといけないのか、どの部分のどの作業時間を短縮させるのが最も全体への負担が少なくて済むのか、そのことでかかるコストはいくらか……等々、複数の選択肢を一瞬で用意する必要があるし、このように不測の事態が影響を与える範囲の全体像の把握と、その範囲内での相関関係をネットワーク化して把握できる能力は、まさに数学的なものの考え方によって磨かれるものではないかと思います。

大学に入ってから基礎的な数学の授業をやる文系の学部などはあまりないと思いますし、ここで計算オタクになる必要などありません。むしろ計算は電卓やExcelがやるものですので、大事なのはその計算式を考えられる能力です。

僕がオススメしたいのが統計学です。僕も学生の頃、社会学部では社会調査の勉強もしていました。社会学部で言う社会調査というのは、簡単に言えばアンケート調査のことで、統計学もこれに含まれていました。
社会調査や統計学というのは、アンケートを使って統計を取り、それを分析することで世の中の流行や人々の意識など、目にみえないものを数値化して可視化させ、商売や政策につなげていく勉強のことです。

統計学というのは、一昔前は紙の調査票を郵送して、手作業で表を作り、電卓で計算し…というかなり地味でキツイ分野の研究だったようですが、最近はWEBを使った調査が主流になり、計算という「単純作業」そのものはExcelやSPSSが一瞬でやってくれるようになり、より数値の「分析」や「戦略立て」などと言った、人間にしかできないことに多くのリソースを割けるようになったことで、最近急激に人気や注目が集まっている分野の勉強のようです。

大学などでもこの流行に注目し、文系学部で統計学などの講義を複数設ける大学も増えているようです。どうせなら僕ももう一度統計学の勉強をやり直したいくらいです!統計学は数学的なものの考え方をとても効率よく学べる分野だと思います。


余談ですが、僕の大学の頃は、ExcelやSPSSを使った集計作業は当たり前になっていましたので延々たる計算という単純作業は免れましたが、当時はまだWEBでの調査は一般的でなく信頼性が低いという定説が存在していたため、紙での調査が主流でした。なので計算ソフトへの入力という果てしない作業は経験しました…今ではいい思い出ですが(笑)


■若い皆さんへ

これから社会人になる、もしくは就活が始まる、または進学するという若い方もいらっしゃるかと思いますが、これだけは言いたいのは、「社会人はとても楽しい」ということです。

僕も就活中や大学を卒業するとき、社会人になることに対して、不安しかありませんでした。
世の中の大人は簡単に若者を否定しますし、仕事や会社の愚痴しか話題がないオッサンとかがいるのも、悲しいけれど事実です。

ただそれでも、自分の足で立って、自分の足で走ること。
実態の自分よりも数センチだけ背伸びをしないとできないことにチャレンジしてみて、気づいたら背伸びをしなくてもその大きさになっていること。
世の中において何かのプロであること。

すべて、本当に素晴らしいことです。
もちろん僕も、学生時代はとても楽しく充実した毎日でしたが、今の方がずっと楽しく充実しています。

幸いにして僕達は、職業選択の自由も、居住地選択の自由も認められ、国際的に見て日常生活で戦争やテロに巻き込まれるリスクも非常に低い、平和で豊かな国に暮らしています。

これだけ恵まれた状況にあって、愚痴や批判ばかりで生活が一杯になり、人生を楽しまないなんてもったいない!僕はそう思いますよ。

新社会人を迎えられた皆さんは、ぜひやりがいのある一生ものの仕事を見つけてください!

それでは!!いろいろと偉そうに失礼しましたが、気持ちを込めて。


他にも同性愛者の方が書いたノンアダルトブログはこちらから

↓「いいね!」と思った方は良ければクリックお願いします↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ  にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ


あとで読む

30代がスタートしました!

どうも、英司です。
本日2月6日、無事に30歳の誕生日を迎えることができました。

新年のご挨拶のエントリと少し重複しますが、20代が終わり30代が始まること、楽しみな気持ちでこの時を迎えていますし、こうした心持ちでいられることに、周囲の様々な環境に少なからぬ感謝の気持ちを持っていきたいと思います。

■感じているのは意外にも「安堵感」

多くの人の例の漏れず、僕にとって20代は本当に激動の時期でした。20代を迎えたときはまだ学生の身分でしたし、幾度と無く挫折も経験した20代でした。しかしながらその挫折や失敗よりも、成功体験や良かったことが少しだけ多いので、まぁまぁ20代の10年間も、善き日々だったのではないかと感じております。

本当に、それなりの自覚はあったつもりでしたが、今思えばその自覚以上に僕は世の中のこともよく知らず、本当に危なっかしい人間だったと思います。

そうした時期を経て今、30代を迎えるにあたり感じている様々な感情の一つに「安堵感」が含まれています。僕自身も今この時を迎えて、少し意外に思う感覚でした。

■若い時は若い時なりの不安感があった

20代前半、大学生の頃や社会人としてフレッシュな頃は、様々な可能性に満ちていて夢や希望がある、と一般的に言われています。

だけどその時代をこの前体験した人間の一人としては、そうした「可能性」は常に、「まだ自分には何が向いているかわからない」「自分は将来どんな方向でキャリアを積んでいくのか?」「どんなライフスタイルを送る人間になるのか?」ということもハッキリとは見えず、どこかに一抹の不安感が常に存在していたように記憶しています。

僕は20代のときに転職も経験し、複数の職種を経験。また公私ともども様々な人達と出会っていろいろな影響を受けていく中で、だんだんと自分に向いていることや熱中できることがわかってきたところでした。「それなりに人生の『方向性』みたいなものは決まってきたかな」という心持ちに達した時点で、ちょうど20代の終わりを迎えた感じです。

ですので、「自分は将来どんな風になっているんだろう?」と言った一抹の不安感や、大きく道を踏み外したままずっと軌道に乗れずに露頭に迷ってしまうのではないか、という、先の展開がほとんど読めない恐怖感みたいなものはかなりの程度払拭され、この先どんな風に歳を重ねていくのか(またはいきたいのか)が少しずつわかってきたのが、この20代終盤の2~3年の歩みだったように思うし、無事にそのステージまで到達できたことこそが、この『安堵感』の正体なのではないかと考えています。

こうした気持ちでいられるのは、やはり身近に公私ともに充実し、仕事も遊びも目一杯楽しもうという気の持ち方で生活をしている何歳か年上の諸先輩方が近くにいてくれていることが大きいのかなと思います。

デカイ夢とかロマンというものを語るには少しオジサンにはなってしまいましたが、20代で経験してきたことは本当に無駄なものはほとんどなかったし、成功体験だけでなく、挫折や失敗などからも、その経験を通して現実的な見立てやものの見方を学んできて、勢いだけで物事を考えていた若いころとは違った、自分なりの目標とか「こうなりたい」というものを持つことができる状態で30代を迎えられているのではないかと感じています。

僕はどちらかと言えば心配性な人間で、これまでに何かを「頑張ってきた」と言えた出来事のほとんどは、『焦燥感』や『不安感』が原動力になっていたきらいがありました。

ただ、これから迎える30代は、そういったネガティブな原動力ではなく、安堵感や自己肯定感を得た上で、更にプラスにオンするようなスタンスでいろんなことを頑張っていきたいし、そうなれるような気もしています。

30代は更なる飛躍の時代だったと、10年後そう言えるよう、頑張っていきたいと思います!!
そして、ここ数年の自分のような、ロールモデルを必要とする20代の子たちに、恥ずかしくない後ろ姿を示していける30代になっていきたいと思います。

決意表明まで。



他にも同性愛者の方が書いたノンアダルトブログはこちらから

↓「いいね!」と思った方は良ければクリックお願いします↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ  にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ


あとで読む

新年のご挨拶とご報告

どうも、英司です。
陽のあたる場所へ―A PLACE IN THE SUN―をご覧の皆様。
新年あけましておめでとうございます。

2014年は、非常に充実した1年となりました。
これもひとえに、いろいろな方々が一緒に楽しい時間を過ごしてくれたり、ブログ関係では応援や共感のコメントやメッセージをくださる方々のおかげです!

2015年も善き一年にしていけるよう、精進してまいりたいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。

■並びに、ご報告  DMMニュースにて連載を持つことになりました

また、2014年12月よりDMM.comが運営するニュースメディア「DMMニュース」にて、わたくし英司が連載を持たせていただくことになりました。

DMMニュース→http://dmm-news.com/

既に第1回目の記事と第2回目の記事は公開されています。

第1回目記事はこちら
第2回目記事はこちら

もうじき第3回目の記事も公開されます。

こちらの連載は「ゲイリーマン発 日本のリアル」というタイトルでして、ゲイとしての視点を意識しつつも、働く人の1人として、社会、経済、マネー関係のネタを中心に書いて行く予定です。

様々なLGBT向け媒体や記事がありますが、レインボーカラー一色のコンテンツとは一味違った内容にしていければと思います。


■個人的なこと

2015年がいよいよ始まったわけですが、ここ数年は思い出に残っていることを思い返しているとき、やたらとその登場人物が多いことが特徴です(笑)

年齢を負うにつれて知り合う人もどんどん増えて行って、公私ともに様々な場面で余裕が出てくるのもこの時期ですからね。

僕にとっては今年の2月にいよいよ30歳を迎えます。30代の仲間入りを果たす年が訪れたわけですね。
このブログを始めたのが25歳のときで、これから突入するアラサー世代に自分が何を考えていたかを記録するために始めたわけですから、なんだか感慨深いものもあります。

いろいろな人が回顧するときに言われることですが、もっと若い頃に想像していた30歳ってもっと大人(っていうかオジサンw)のイメージでしたが、なんだか気持ちはいつまでも20代のままだし、事実、天変地異でも起きて世の中がひっくり返ることさえなければ、10代の頃も20代の頃も「今この瞬間」と陸続きな記憶なわけですから、こういう感覚は当たり前と言えば当たり前なのかもしれません。

自分自身、30代の自覚とか覚悟とかの面でまだ不安なこともありますが、一つだけ確実に言えることがあります。それは

30代の仲間入りを果たすのが楽しみ。と思えていること。

周囲を見れば、生き生きと暮らしている30代の友人がたくさんいます。
仕事も遊びも目一杯楽しんでいて、自分も何年か先にこんな生活を送りたいな、そう思える人が自分の周りにけっこういることは、本当に恵まれていることなんだと思います。今の自分は、なんでもないことにありがたみとか感謝とか、もっと感じ取らないといけないのかもしれません。

こうした「何気ない日常への感謝の気持ち」昔は大切にしていたはずなのに、最近どうだったかと自問すると、それができていたかどうかは自分ではわかりません。
というか、「できていました!」と堂々と言えないのが正直なところ。

仕事でも20代前半の頃よりもずっと多くのことができるようになって自信がついてきた反面、どこかで手の抜き方も覚えてしまっていたり、プライベートでも友人関係の広がりにかこつけて、1人1人との関係がなんとなく薄くなったりと。

今年はある種、20歳前後のときにもっと大切にしていた気持ちや心構えを少し思い出すべきときかもしれません。


仲が良いとふざけて年上の友達に飲み屋で「うるさいなオバサンwww!」とか言っちゃうこともありますが(笑)、貴重な人たちに囲まれて暮らしているということ、忘れないでいたい年にしていきたいと思います。

プロフィール

英司

Author:英司
いらっしゃいませ!英司と申します。中央線カルチャーが好きで、東京・高円寺に在住の会社員。日々感じたことから、少し役立つ(?)情報まで、いろいろ発信していければと思います。

検索

他にもブログがいっぱい!

月別アーカイブ

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

他のブロガーの記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。