スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋下市長の慰安婦発言に感じた違和感。

どうも、英司です。
1日の気温の寒暖差が激しい最近ですが、お元気でしょうか。

今日は久々に社会ネタに関する内容でもUPしようかと思います。


■橋下市長の慰安婦問題に関する発言に感じた違和感。

http://www.asahi.com/politics/update/0514/OSK201305130144.html

橋下市長の慰安婦に関する発言、ニューヨークタイムズにまで取り上げられてしまったようですね。
この件に関して橋下市長の会見は、いつもの威勢の良い会見に比べて少し違和感を感じました。

この問題は本当に難しいけど、慰安婦の募集に日本軍の関与があったかどうか、強制連行などの方法で集められたのかどうか、という点は、再度専門家による調査が必要かもしれません。(なので、専門家でない政治家が憶測や思いつきであれこれ軽率な発言はするべきではないかと。)

確かに日本政府は、いわゆる「河野談話」をすべての内閣が踏襲しています。
日本政府の公式見解としては

1、慰安所の存在は確認された。
2、慰安婦の募集に日本軍が関与していた。
3、慰安婦の募集は、強制連行によるものだった。

という3点にまとめられるかと思います。
この談話が発表された1993年当時は、今に比べて日本と韓国との交流はとても限定的なものでしたし、お互いにお互いの国のことをほとんど知らないような状態だったと思います。
日韓関係に傷が付くことは、日本、韓国両国のみならず、アメリカにとっても国益を損なうことだったので、日本政府としてはこうした政府見解を発表したことは、当時の国際関係上の背景から考えて当然だったのかもしれません。

しかし、今では領土問題や歴史認識問題がクローズアップされる中にもかかわらず、韓国からは毎月20万人の人が日本に観光に訪れていて、韓国カーオブザイヤーにトヨタ自動車の車が選ばれるような時代。
日本のおばちゃんたちは韓国ドラマのDVDを買いあさり、大久保のアイドルショップに押しかけるような時代です。

それに加えて時代が進むにつれて、テクノロジーが発達し、記録、公文書が新たに発見・公開されたりしていきました。
過去に発表した調査内容を、今の技術と資料で再調査する、という作業も場合によっては必要になってくるかもしれません。

それでもやっぱり軍の関与、強制連行の事実が確認されたならば、その事実を受け入れるべきですし、もしそれとは違う結果が出れば、政府の公式見解も訂正する必要があるかと思います。

ただシンプルにそれだけのことのはずなんですけど、橋下さんの発言にはずいぶんと蛇足というか、自分から要らぬ反感を買いかねない尾ひれはひれを付けていたような感じがしました。


他に発言に違和感を感じた点としては、「他の国が慰安所やってるんだから自分たちだってやっていいでしょ」という理論がとても安っぽい理屈に感じました。他の子がいじめをやってたから自分もやっていいと思った、みたいな。小学生の言い訳かよ(笑)。

その発言にさらに付け加えるように、「慰安所の存在が、強姦や現地での不貞行為の抑止力になる」という趣旨の発言をしていました。具体的な事例や科学的根拠を示せない状態で、記録が残るマスコミのカメラの前で堂々とそういった趣旨を発言するのはいかがなものなんでしょうね…。確かに感覚値的にそういう側面はあるかと思いますけども、あの場での発言では憶測の域を超えていません。

この最後の発言のせいで、この問題に関する議論が性風俗がOKかアウトか、みたいな矮小化された議論にすり替えられてしまっている印象を受けています。

日本としては過剰に謝る必要もないけど、かと言って不必要な争いごとをするべきでもありません。

この手の発言はすごくスキャンダラスな要素を含んでいるし、事実、海外メディアからも恰好の餌食になっています。
橋下さんはまだタレントとしてバラエティ番組に出てた時代の感覚でしゃべってるのかもしれないけど、公職者がこうした発言をすることで、日本人男性の海外でのイメージに傷をつけるばかりか、国際問題にまで発展しかねないわけで、もう少し自分の発言力の波及効果に対して自覚的であるべきかもしれませんね。

しかも橋下さんがおっしゃるように、日本人男性の性に関わるイメージはただでさえ海外では良いイメージがないわけですから、ことさら発言には慎重になるべきだったのではないでしょうか。


他にも同性愛者の方が書いたノンアダルトブログはこちらから

↓良ければクリックお願いします↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ

プロフィール

英司

Author:英司
いらっしゃいませ!英司と申します。中央線カルチャーが好きで、東京・高円寺に在住の会社員。日々感じたことから、少し役立つ(?)情報まで、いろいろ発信していければと思います。

検索

他にもブログがいっぱい!

月別アーカイブ

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

他のブロガーの記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。