上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうもこんばんは、英司です。
すっかり正月ムードも終わってしまいましたが、こちらも長かった冬休みもお終い。
また勤労の日々に戻ります!

そんなわけで、冬休みを利用して年末に台湾へ行ってまいりました!!
航空券だけを持って自由にあちこちへ行った旅で、本当に癒された旅行でしたね。

ここでは写真旅行記をつけておこうと思いますので、お時間ある方はぜひお付き合いくださいませ。


■1日目~2日目 台湾到着~台北滞在。

12月23日の夕方頃、台湾の桃園国際空港に到着。
飛行機のボーディングブリッヂを踏んだ瞬間、あの懐かしい暖かさを全身に感じます。
12月の夜だというのに、気温は18度。
とても心地のよい南国の風を味わいながら、市内へ。
台北駅前のホテルにチェックインし、荷解き。
そしてすごくお腹が減っていたので、早速夜市へ出かけました。

士林夜市や華西夜市などは前回、前々回の旅行でも行っていたので、今回は台北屈指の学生街に位置する師大夜市へ行ってきました!

RIMG0340 - コピー_R RIMG0342 - コピー_R
↑国立師範大学。台湾屈指のエリート校だそうです。

RIMG0346 - コピー_R RIMG0351 - コピー_R

RIMG0352_R.jpg
↑フルーツや軽食の夜市はもちろんですが、この夜市の特色なのでしょうか、大学生と思われる若者が自作のイラストやプリントTシャツ、アクセサリーなど売っていました。


そして腹ごしらえを済ませてから、行って来ました!!
台北ゲイクラブ、JUMPにて行われたクリスマスパーティ!!

securedownload (1)_R
台湾人と韓国人のGOGOBOYで結成されたクリスマス限定のイケメンチーム。日本のGOGOとは違った、ちょっと可愛らしさもある感じの素敵なショータイムでした。


台湾ゲイクラブの面白いところは、こちらが日本人とわかった瞬間に話しかけてくるゲイの子が何人もいること。僕たち日本人は、なかなか自分から外国人に話しかけるということに少なからず抵抗感があると思いますが、本当に日本を好きでいてくれるみたいで、「東京ってどんなところ?」「あなたは日本に彼氏はいるの?」などなど・・・お互いにたどたどしい英語で一生懸命コミュニケーションを試みたりして。本当に楽しくて温かい一夜を過ごせました。

この日は結局台北の若いゲイのグループと意気投合して朝までJUMPで飲んだり踊ったりしていて、結局ホテルに帰ったのは5時を回っていました(笑)。
でもそれだけ楽しい時間だったし、本当にあっという間でした。

そして2日目。お昼頃まで寝てしまっていました。
台湾はこれが3回目で、台北や近郊の見所スポットは一通り見ていたので、昨日の疲れを癒すためにも、新北投の温泉地に行ってきました。

RIMG0365_R.jpg RIMG0371_R.jpg

RIMG0377_R.jpg

台湾は実はとても起伏の激しい土地で、日本列島と同じく活火山の上に位置しています。
なので、温泉がよく出るんですね。台北から少し電車やバスに乗ったところにも、日帰り温泉がいくつもあります。
ここ新北投もそんな人気温泉地のひとつとあって、地獄谷などにはたくさんの観光客がいました。
ここでは露天風呂に入り、会席料理に舌つづみ。
そして市内に帰り、この日もゲイクラブG.STARへ遊びに行きました!!

昨年行ったときから移転しており、リニューアルしたG.STARには本当にビックリ!!!
2階建てのすごくオシャレなクラブじゃないですか!!前のところよりも格段にグレードアップした印象です。

ここでもビールを飲んで踊っていると、どこからともなく「日本人ですか?」と聞く声が聞こえ、台北のゲイたちとの楽しい交流が始まりました。
この日は次の朝に台北を去るので、深夜2時頃には退散してホテルに戻りました。


■3日目 花蓮滞在

そして迎えた3日目。この日で大都会・台北を去り、東海岸にある街・花蓮を目指し朝早い時間の特急電車に乗りました。

RIMG0386_R.jpg RIMG0389_R.jpg

RIMG0390_R.jpg

特急で約2時間30分。東海岸の田舎町・花蓮に到着!!
台湾では、西海岸には新幹線が整備され、開発の進んだ大都市が点在していますが、東海岸は日本で言う山陰地方のような感じで、あまり開発の手も及んでおらず、全体的にかなりのんびりした雰囲気がとても素敵なスポットです。

活気のある市場がたくさんある港町であることはもとより、なんと言っても近くに大理石の採石場があるこの街では、街のあちこちに大理石が施されています。歩道も大理石張りになっているのには正直かなり驚きました。
この日と翌日はホテルで自転車を貸してもらい、あちこちを観光していまいた。
サイクリングにはとても適した気候で本当に気持ち良かったです。

RIMG0417_R.jpg RIMG0412_R.jpg

RIMG0408_R.jpg RIMG0407_R.jpg

RIMG0404_R.jpg RIMG0403_R.jpg
日本家屋の面影がある古民家カフェ。この辺りは日本統治時代の建築物などがまだかなり残っている地域だそうです。

RIMG0458_R.jpg RIMG0456_R.jpg

RIMG0466_R.jpg RIMG0469_R.jpg

RIMG0479_R.jpg RIMG0425_R.jpg

RIMG0451_R.jpg
寺院もかなり独特。ほとんどが大理石でできており、実際に行ってみたときの重厚感はとてつもないものがありました。

RIMG0486_R.jpg RIMG0499_R.jpg

RIMG0504_R.jpg
そして、夕方になる頃にはタクシーに乗ってアミ文化村へ。ここでは原住民族であるアミ族の文化をテーマにした展示や料理、ダンスショーなどを鑑賞することができます。
ダンスショーは侮るなかで、すごい完成度でびっくりしました!
竹を使ったアクロバティックなダンスなど本当に見事で、単なる観光資源としてではなく、アミ族の文化を伝承させたいという思いがとても伝わってきました。

そして夜も良い時間になってきたので、タクシーを呼んでもらい、南浜公園夜市へ行くことに。

RIMG0505_R.jpg RIMG0507_R.jpg

RIMG0517_R.jpg RIMG0508_R.jpg

この夜市は、今まで行った食べ物が中心の夜市とは一味違い、日本の縁日のような夜市でした。
金魚すくいやコリントゲーム、射撃やくじ引きなど、本当に懐かしい気分になる夜市で、しかも耳をすませば波の音が聞こえてくる・・・。
暖かい夜風に吹かれながら僕も子どもに戻ったかのようにそれらのゲームに没頭し、これまたたどたどしい英語でお店のおじちゃんやおばちゃんと話をしながら、花蓮の人たちの温かさも同時に感じた夜でした。

台湾は台湾自体がとても穏やかで南国気質な人が多いように思うけど、花蓮は、台北よりも更におだやかでゆったりとした気質を感じました。

RIMG0537_R.jpg RIMG0544_R.jpg

RIMG0546_R.jpg

そして翌日は15時の飛行機で高雄に行く予定だったので、お昼過ぎまでホテルで借りたチャリンコで海岸線をサイクリング!!昨日行った南浜公園も、朝に行くとこんなに綺麗!!
海は、写真で見るよりもずっと青くて透明で、今度来るときはぜひ海水浴ができる季節に来たいなと思いました。

RIMG0558_R.jpg
そして飛行機で台湾第2の大都市で、南端に位置する街・高雄へ行きました。
飛行機に乗るために行った花蓮空港は、大理石の街らしくあちこちに大理石を使ったとても豪華なつくり。
これでもかというくらいピカピカした空港でした!

RIMG0561_R.jpg
小型機に乗って、そしていよいよ高雄に到着!

■4日目 南端の大都市・高雄

高雄は今回の旅で2回目になりますが、前回は1泊しかできなかったので、あまりゆっくり観光ができませんでした。今回は2泊する予定だったので、休憩や移動の時間を入れてもけっこうゆったりと時間を持てました。

RIMG0626_R.jpg RIMG0571_R.jpg

RIMG0582_R.jpg RIMG0590_R.jpg

RIMG0591_R.jpg RIMG0594_R.jpg

RIMG0598_R.jpg RIMG0602_R.jpg

前回の高雄訪問の際に行けなかった龍虎塔や、その周辺の寺院を見学。
ここでモイをやりかけましたが、意外と日本人の観光客も多くて、恥ずかしくなって断念(笑)
2012年はちょうど辰年なので、なんだか縁起が良いですよね。

RIMG0630_R.jpg RIMG0631_R.jpg

RIMG0632_R.jpg RIMG0633_R.jpg

RIMG0637_R.jpg
夜になってお腹も空いてきたので、南部最大の夜市・六合観光夜市へ。
高雄は台湾最大級の港町というだけあって、台北の夜市に比べて海鮮系の料理がとても多かったです。
ここでは台南タンメンや海鮮粥などに舌鼓・・・。

その後は新堀江のあたりをフラフラしたりしてホテルに帰りました。


■5日目 古都・台南

5日目は高雄から電車で30分程度の古都・台南へ行ってきました。

RIMG0655_R.jpg RIMG0656_R.jpg

RIMG0667_R.jpg RIMG0675_R.jpg

RIMG0681_R.jpg RIMG0684_R.jpg

RIMG0692_R.jpg RIMG0666_R.jpg

RIMG0699_R.jpg RIMG0701_R.jpg

RIMG0711_R.jpg RIMG0714_R.jpg

RIMG0716_R.jpg RIMG0718_R.jpg

RIMG0669_R.jpg RIMG0723_R.jpg

台南は台湾の京都などとも言われており、とても古い建物や寺院・仏閣が街のあちこちに立ち並ぶ街です。
最近では地元の大学生などが主体となって、使い手のなくなった古い建物をアトリエとして利用していたり、現代アートとして生まれ変わらせるなど、面白い文化運動も起きているようで、古き良き伝統と新しさの混じった街でした。

また、台湾はかつて清王朝以前の時代には、スペイン、オランダに統治されており、その頃の面影とも思える赤レンガを積み上げた建物も多く見られました。

すごく素敵な街だったので、次回来るときは台南に1泊してもいいかなと思うくらい、綺麗で印象的な街でした。


そしてこの日は特急で高雄に帰り、食事を取って寝て、翌朝は高雄にある朝市で買い物をしたり、三越でお土産を買ったりして過ごしたあと、新幹線で桃園まで行き、そこから空港バスで桃園国際空港へ向かい、東京へ帰ってまいりました。


台湾はこれで3回目ですが、毎回毎回、行くたびに台湾の人たちの優しさに感激して帰ってきます。
今回も本当に各地で温かい優しさに触れることができて、本当に良い旅でした。

あと、ゲイの旅行の醍醐味のひとつは、現地のゲイの子たちと仲良くなることだったりしますよね。
ゲイっていう共通点ってなんか不思議で、その一点の共通点が見つかると、国籍や人種を超えて仲良くなれちゃったりして(笑)。

特に台湾の場合はお互いに背格好や人種も近くて、なおかつ台湾のゲイの子の多くが日本や東京に憧れを持ってくれているので、仲良くなるのに時間はかかりません。

最近の日本はどうも景気の悪い話ばかりな上、どことなく元気がない感じがしますよね。
そんな日本でも憧れてくれている人たちがいるなんて、我々もその「憧れ」に応えられるような国や社会であり続けていたいなという思いが強くなった旅でした。

本当に楽しい旅をありがとう!台湾!!


他にも同性愛者の方が書いたノンアダルトブログはこちらから

↓良ければクリックお願いします↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

TrackBackURL
→http://eijiiii.blog.fc2.com/tb.php/21-bb497bed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。