【今年のニュース雑感】3.11東日本大震災

ブログのエントリが半年も滞ってしまってすみません!!

夏から冬にかけてなかなか忙しい日々が続いておりまして、少し放置状態でした(汗)
そんなわけで、もう12月も中旬をむかえ、すぐ2011年も終了。

あと半月ありますが、少し今年の出来事で印象に残ったことを書き留めておきたく、エントリを2回にわけて投稿します。しばしお付き合いくださいませ。

■3.11 東日本大震災

2011年と言ったらやっぱりあの日の出来事ですよね。
震災当日の東京は、まさに文字通り「首都機能停止」状態に陥っており、恵比寿にある会社から高円寺の自宅まで歩いて帰りました。

通常なら歩いても1時間半~2時間くらいなんだろうけど、この日はどこの道も家路を目指す都心で働く人達がごった返していて、どの通りも花火大会の帰りのような混雑。
3時間半かけてようやく家に着いたのも束の間、本棚は倒れ、冷蔵庫は開き、食器は全部落ちていてなかなかの惨状でした(苦笑)

その時の日本人の冷静さ、マジメさは世界中で賞賛を浴びました。
震災に乗じてモノを盗むでもなく、被災地の食料配給のときも、誰に頼まれたわけでもないのに整列をして配給を待つ人々の行動を見て、海外の人たちはとても驚いたようですね。

しかし一方で、「不謹慎」という言葉に乗じて行き過ぎた自粛、更に踏み込んで言えば激しい言葉狩りが起きていた印象があります。
「こんなときだから…」と、有名人などがツイッターでわざと砕けた内容の発信をしたとたんバッシングに遭うといった例はごく一部に過ぎず、他にもたくさんそういうことがありました。何か地震と関係のないことを言えばすぐに「今は地震と関係のない話をするな!不謹慎だぞ!」と。

また、いささか疑問点の多い、合理的でない節電対策も多く見られました。これは上記の「不謹慎ムーブメント」に通じるものがあります。例えばあの時、震災後お金をおろしたい人がたくさんいたのに、銀行はどこも「節電」の名の下に17時とか18時にすべてのATMを閉めていました。

しかし電力消費量が最も高まるのは日中の数時間で、その日中にATMは堂々と開いてるわけですね。
むしろ節電を理由にするのであれば、日中の電力消費量が最もピークになる数時間は一旦ATMをストップにして、電力消費量の落ちる日没後に稼働を再開する。というやり方でないと説明がつきません。でもあの時はそういう、もはや「根性論」に近いものがまかり通っていて、地震ももちろんですがそういった「根性論」的なものがまかり通り自由さが失われていく感じにも少し恐怖を感じていました。

東日本全体が非常事態であったので、どこか戦時体制下ってこういう感じだったのかなと感じる部分もあったりして。被害に遭われた方への配慮はすごく大切だけど、そういう方々が「私たちがこんなに大変なんだからお前らも苦しめ!」なんてことは思ってないと思います。
むしろこれだけのダメージを受けた日本で、東京こそキラキラしているべきだと思います。

とにかくいろいろ考えさせられる大震災でした。

この震災による多数の犠牲者の方には、本当にご冥福をお祈りします。
こうした教訓は必ず、未来へつなげていかなければなりませんね。

他にも同性愛者の方が書いたノンアダルトブログはこちらから

プロフィール

英司

Author:英司
いらっしゃいませ!英司と申します。中央線カルチャーが好きで、東京・高円寺に在住の会社員。日々感じたことから、少し役立つ(?)情報まで、いろいろ発信していければと思います。

検索

他にもブログがいっぱい!

月別アーカイブ

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

他のブロガーの記事