スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの人が迎えられなかった「今」

どうも、英司です。
かなりお久しぶりの更新となってしまいました。

最近はLGBTメディアのGENXYで連載を持たせていただき、なかなか個人ブログの更新が滞ってしまっていましたが、今日は、個人ブログだからこそ、そしてここ「陽のあたる場所へ」でこそ書きたい内容だったので、久々の更新をしようと思いました。

■この時期になると思い出すこと

僕は今、ちょうど5月に開催するBBQの準備をしています。ここ最近はGWは旅行にでかけたりして、5月はおとなしくしていることが多かったのですが、今年はGWは特に遠出はせず、細かい予定がちょこちょこ入っている感じなので、3年ぶりに5月のBBQを企画しています。

準備をする中で、あることを思い出しました。
3年前に企画したBBQは2013年5月18日(土)でした。
なぜそんなに細かく日にちまで覚えているかと言うと、この日の朝に真崎航さんが逝去なされたからです。

真崎航さんと僕との関係は、ご逝去当時に更新したこちらの記事をご覧ください。


初夏の爽やかな土曜日の朝、29歳の若さで突然逝ってしまった彼のことを、毎年初夏の清々しい風や青々とした新緑を見ると思い出すのでした。

■2013年で止まってしまった時間

当時の記事でも書きましたが、あの頃僕は28歳、彼は29歳。翌年2014年には僕は29歳になり、追いつくはずのない年齢が追いついてしまい、昨年2015年にはとうとう彼を追い越し、彼が迎えることのできなかった30代を迎えることとなりました。

僕も30歳を迎えた日、たくさんの友人たちが30代の幕開けを祝ってくれました。僕なんかよりもずっとずっと人望も厚く人気者だった航さんが迎える30歳は、きっとすごく華々しいものになっていたはずだろうと思います。

僕は2013年からあらゆることが変化しました。辛いこともたくさんあったけど、友人も増えたり、新しい趣味を見つけたり、楽しいこともたくさんありました。普通のアラサー世代のゲイが送る、普通の楽しく充実した生活を送りながら、時間を重ねてきました。

僕や僕の友人たち、はたまた航さんの友人たちは、あれから29歳、30歳、31歳、32歳…当たり前のように時間を過ごし、年齢を重ねて来ています。

しかし彼だけずっと29歳のまま。
そのことを思い出すと、今の自分は時間を徒労していないか、ちゃんと一生懸命に生きているか、身につまされる思いになります。


■あの人が迎えられなかった「今」


最近は仕事でもいろいろと大変なことが続き、なかなか思い通りにいかなかったり、自己嫌悪に陥ったりということもあり、無気力になってしまうことがありました。

正直、彼のことも忘れていたと思います。

ただ、5月のBBQの準備を進めるうちに、あの日のことも、彼のことも少しずつ思い出していきました。

彼が旅立ったあの時、「絶対に忘れません」と約束しました。そして、彼を思い出すたびに、彼が迎えられなかった「今」という毎日を、しっかり一生懸命生きているかどうか、自分に問いかけようとも決めていました。

5月にもし、彼がこちらの世界に帰ってきて、何かを伝えられるとするなら、こうやって自分に問いかけるきっかけや時間を与えてくれたことに「ありがとう」って言いたいです。
そして、「あれからの毎日も元気にやっているよ
と伝えたいです。

また、彼は生前、このブログの読者さんの1人でした。あちらの世界からもこの記事を見ていてくれているかな(笑)

この初夏に、彼が夢枕に立ってくれることを願って。

プロフィール

英司

Author:英司
いらっしゃいませ!英司と申します。中央線カルチャーが好きで、東京・高円寺に在住の会社員。日々感じたことから、少し役立つ(?)情報まで、いろいろ発信していければと思います。

検索

他にもブログがいっぱい!

月別アーカイブ

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

他のブロガーの記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。