スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就活生・新社会人の皆さんへ ―楽しい社会人の世界へようこそ!―

どうも、英司です。
ご無沙汰しております。

春ですね~。先日僕も仲の良い友人をたくさん呼んで、代々木公園でお花見をしました。
この花見が終わればBBQやキャンプ、海やプールなどなど…賑やかな季節が訪れます。

その賑やかな季節の訪れを告げる最初の行事が「お花見」だったりしますので、毎年ワクワクするイベントの一つです。
30代として迎える最初のシーズンはどんなものになるか、楽しみですね。


■社会人も9年目突入 いろいろ感じたこと

そんなわけで、僕の勤める会社にも、大学や大学院を卒業したばかりの新卒の皆さんが入社してきました。
それと同時に、先月から新大学4年生の就活がスタートということで、二丁目関係で仲良くしている年下の子などから相談を受けることも増えています。人材会社での仕事も長かったですからね。

まぁ、僕はお手本になるような大人ではないのですが(笑)、まかりなりにも22歳からスタートした社会人生活も丸8年が経過し、9年目に突入。駆け抜けるような20代を終えて、考えることや思うこともたくさんありました。

就活などの相談を受けたときは、そういうことの中から、現役の学生さんや新しく社会人になるお仲間さんに役立ちそうなことをかいつまんでお話ししているつもりでしたが、ブログの読者さんで若い方も多いみたいなので、今日はちょっとここにまとめてみたいと思います。


■学生時代勉強していて良かったこと

僕に関しては、高校は公立の普通科でしたし、大学は社会学部で、専攻は文化社会学や都市社会学で、そこまで実学的なことは学んでいません。ただ、広告やPRの業界・業種に就いてすごく思うのは、何であれ卒論は真面目に一生懸命やっておいた方が良いということです。

これは、就活の面接では勉学の話をした方がウケがいいからとかそういう理由でなく、社会に出てから使う能力という面でも、やっておいた方が良い、ということを言いたいです。



まず第一に、日記やブログと違い、学校というオフィシャルな場所にしっかり提出する文章を相当量自分の力で執筆するという行為は、単純に語彙力を飛躍的に向上させます。
もちろん、本をたくさん読めばそれなりの語彙力を身につけられますが、本や他人の文章で合点の行ったその単語を、起承転結のある文章の中に配置してその単語の本来的な意味を引き出して適正に表現できるようになるには、やはり自分で使ってみるしかないです。
自分で文章を書けば書くほど、どこかの本で呼んだだけだった単語や表現方法が、「血の通った自分の言葉」になって行く感覚がわかります。

なぜこうしたスキルが大事かと言えば、ほとんどの仕事は一人で完結させることができず、誰かと情報のやりとりをしながら進めるものだからです。僕が8年間社会人をやってきて思ったのは、その情報のやりとりの際に情報のロスを最小限にできる人が、非常に仕事のできる人だと感じたからです。

情報のロスの最小限化に最も効果的なのは、やはりそのときの報告や連絡や相談に必要な事項を、ニュアンスも含めていかに的確に伝達できるか、ということに尽きます。この時、高度な語彙力と表現能力を持っている人ほど、細かな部分までしっかりと他人に伝えることができますので、自分自身も周囲の人も滞りなく業務が進む、ということです。

社会人になってからでもこうしたスキルを習得する機会は多いですが、学生の時であれば、自分の好きなテーマや興味のあるテーマで、比較的時間も余裕がある中でこうした文章を書く練習ができます。興味のないものを期限を決められた中で書くことよりも数十倍、面白い作業ですし、熱中できる度合いも違いますから、学生時代に取り組むこうした勉強は、そこから習得できる言葉や意味の量も格段に高いと思います。

しかも、特に卒論指導に当っている教授などは大学の先生の中でもベテランクラスの人です。
毎年何十人もの学生の論文を添削している大人なので、「言葉」の意味のニュアンスやスタンス、正しい使い方に関してはスペシャリストと言っても良いでしょう。

社会人になってからこういうことを専門家から学ぼうと思うと、高い自腹を切らないといけないことが多いので、ぜひそうした大人が周りにいる今の環境のうちに、目一杯練習しておくことをオススメします。


また、第二には、卒論などに取り組むことで、情報検索能力が飛躍的に向上することです。これも、社会人になってから役立つ大事なスキルの一つです。

僕はこれまで、営業として社会人生活をスタートさせてから8年間で広報、経営企画、制作ディレクションなど様々な職種を経験してきましたが、今の時代どの職種も「情報戦」の側面が非常に強いです。

特に広報と兼任で経営企画室で新規事業の立ち上げなどをやっていた時は、法務や営業、宣伝、PR、総務など、全社的な業務をミニュチュア化したかのような感じで、とても忙しかったですし、その忙しさの中では「確実な情報"だけ"を取捨選択すること」がかなり重要になってきます。

例えば新しいサービスのローンチが近づき、契約書のひな形を作成するとき、顧客とのトラブル回避のためにさまざまなクレームや起きうる係争を想定しますが、そのシュミレーションをするための情報を探そうにも、ネット上にはYahoo知恵袋だの2chだの様々な場所に、根拠や出典が不明な情報が無数に存在しています。

実際にこうしたものの中には話を誇張したものや極端な例を一般的なことであるかのように書かれた文章も少なくなく、まともに検証するのは時間の無駄で、きちんとした出典があり、コンセンサスを取れている情報がどこに存在していて、そうした情報にはどのようにすればアクセスできるか、その方法を知っている/その方法を考えることができる、という能力は非常に大事なスキルです。

ネット上にも信頼できる情報はあります。信頼のおける発信元の情報であるかどうかなどを検証する基準を自分で築くことが大事で、卒論などの執筆の際にこれを徹底しておくと後々非常に役立つ能力になると思います。


■もっと勉強しておけばよかったこと

今度は学生のときにもっと勉強すれば良かったことについて。
これ、実家に帰ったときにまだ小さな子供がいる姉やうちの両親にも聞かれることがあります。

そのとき僕は決まって「数学」と答えます。

以前、会社でベトナム・ハノイのラボ立ち上げの際の販促物の作成やPRで、現地の担当者との英語でのやりとりに苦労した話を両親にしたことがあったので、英語や中国語という「外国語」という回答が来ると思っていたようなのです。

確かに、外国語はできるに越したことはありませんが、僕の場合は現地の方とはメールでのやりとりがほとんどで、メールの場合最近はExciteやGoogleなどの翻訳機能がかなり向上しているため、受験英語くらいができれば問題ありませんでした。(苦労したのは言語というよりは、日本とは違った時間感覚で動いていて、急ぎで決定すべき事項のレスが遅いとか、現地語パンフレットの校正が信用できないとかそういうことに関してです)

この翻訳の分野については今後よりテクノロジーの飛躍的な進化があると思います。両親の世代などは英語さえできれば一生食いっぱぐれがないと考えているようですが、今後は逆に「外国語"しか"できない人材」は人材市場では非常に危うい存在になることに、若い世代の方は留意しておいた方がいいかもしれません。(翻訳という"作業"そのものは今後、機械や出稼ぎに来ている外国人労働者と取り合いになる仕事であるため)

より普遍的に役立つ勉強は、やっぱり数学だと思います。

なぜなら、すべての論理的思考の基礎は、数学にあるからです。
より厳密に言うならば。、「数学的なものの考え方」にその基礎はあり、その基礎は、やはり数学を勉強することでしか身に付けることができないからです。

僕は私立の総合大学の文系学部に進んだので、受験教科は英語、国語(古典含む)の2教科が必修で、数学か理科か社会のいずれか1教科、1科目を選択する方式でした。

僕もその時は社会科の地理を選択しましたが、文系学部の人で、わざわざ数学を選ぶ人は少数派のようです。しかしながら、特に法律学や経済学、商学や社会学などの社会科学系の文系学部に行く人ほど、実はここで「数学」を選んでいればより厚みのあるものの考え方が出来る人になれるのではないかと感じています。

数学は、すべて=(イコール)の右と左で帳尻が合うようにできている世界です。
例えば方程式や関数で、Aという数字が1増えればBという数字が2.3になる、Bが2.3になれば、Cという数字が5.5になる、Cが5.5になれば、Dという数字が……と行った感じに、一つの物事に何かの事象が起きたときに、それがどの範囲までどのように影響を及ぼすか、理論的に説明が付く世界の勉強です。

もっと日常的な業務に置き換えると、例えば締切がある仕事をしていて、一部の仕事を外注、もしくは社内の他の人に頼んでいたとします。

しかし、何かの事情でその人がその仕事ができなくなった、もしくは作業が遅れてしまっている、ということになった場合、そこでその作業が遅れることで影響が及ぶ人、及ばない人を一瞬で整理し、影響が及ぶ人にはどの程度の影響が及ぶか、後工程のどの部分で当初予定よりもどれだけ時間を短縮しないといけないのか、どの部分のどの作業時間を短縮させるのが最も全体への負担が少なくて済むのか、そのことでかかるコストはいくらか……等々、複数の選択肢を一瞬で用意する必要があるし、このように不測の事態が影響を与える範囲の全体像の把握と、その範囲内での相関関係をネットワーク化して把握できる能力は、まさに数学的なものの考え方によって磨かれるものではないかと思います。

大学に入ってから基礎的な数学の授業をやる文系の学部などはあまりないと思いますし、ここで計算オタクになる必要などありません。むしろ計算は電卓やExcelがやるものですので、大事なのはその計算式を考えられる能力です。

僕がオススメしたいのが統計学です。僕も学生の頃、社会学部では社会調査の勉強もしていました。社会学部で言う社会調査というのは、簡単に言えばアンケート調査のことで、統計学もこれに含まれていました。
社会調査や統計学というのは、アンケートを使って統計を取り、それを分析することで世の中の流行や人々の意識など、目にみえないものを数値化して可視化させ、商売や政策につなげていく勉強のことです。

統計学というのは、一昔前は紙の調査票を郵送して、手作業で表を作り、電卓で計算し…というかなり地味でキツイ分野の研究だったようですが、最近はWEBを使った調査が主流になり、計算という「単純作業」そのものはExcelやSPSSが一瞬でやってくれるようになり、より数値の「分析」や「戦略立て」などと言った、人間にしかできないことに多くのリソースを割けるようになったことで、最近急激に人気や注目が集まっている分野の勉強のようです。

大学などでもこの流行に注目し、文系学部で統計学などの講義を複数設ける大学も増えているようです。どうせなら僕ももう一度統計学の勉強をやり直したいくらいです!統計学は数学的なものの考え方をとても効率よく学べる分野だと思います。


余談ですが、僕の大学の頃は、ExcelやSPSSを使った集計作業は当たり前になっていましたので延々たる計算という単純作業は免れましたが、当時はまだWEBでの調査は一般的でなく信頼性が低いという定説が存在していたため、紙での調査が主流でした。なので計算ソフトへの入力という果てしない作業は経験しました…今ではいい思い出ですが(笑)


■若い皆さんへ

これから社会人になる、もしくは就活が始まる、または進学するという若い方もいらっしゃるかと思いますが、これだけは言いたいのは、「社会人はとても楽しい」ということです。

僕も就活中や大学を卒業するとき、社会人になることに対して、不安しかありませんでした。
世の中の大人は簡単に若者を否定しますし、仕事や会社の愚痴しか話題がないオッサンとかがいるのも、悲しいけれど事実です。

ただそれでも、自分の足で立って、自分の足で走ること。
実態の自分よりも数センチだけ背伸びをしないとできないことにチャレンジしてみて、気づいたら背伸びをしなくてもその大きさになっていること。
世の中において何かのプロであること。

すべて、本当に素晴らしいことです。
もちろん僕も、学生時代はとても楽しく充実した毎日でしたが、今の方がずっと楽しく充実しています。

幸いにして僕達は、職業選択の自由も、居住地選択の自由も認められ、国際的に見て日常生活で戦争やテロに巻き込まれるリスクも非常に低い、平和で豊かな国に暮らしています。

これだけ恵まれた状況にあって、愚痴や批判ばかりで生活が一杯になり、人生を楽しまないなんてもったいない!僕はそう思いますよ。

新社会人を迎えられた皆さんは、ぜひやりがいのある一生ものの仕事を見つけてください!

それでは!!いろいろと偉そうに失礼しましたが、気持ちを込めて。


他にも同性愛者の方が書いたノンアダルトブログはこちらから

↓「いいね!」と思った方は良ければクリックお願いします↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ  にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ


あとで読む

プロフィール

英司

Author:英司
いらっしゃいませ!英司と申します。中央線カルチャーが好きで、東京・高円寺に在住の会社員。日々感じたことから、少し役立つ(?)情報まで、いろいろ発信していければと思います。

検索

他にもブログがいっぱい!

月別アーカイブ

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

他のブロガーの記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。